Excel VBA でプログラミングしたコードを実行する時に 「シートの保護」を解除したい場合があります。「シートの保護」を設定することでセルへの誤入力を防止できるので、必要な場合には使用したい機能です。ただ、Excel VBA では保護さ まずシートの保護を設定ですが、 手動で設定したか、前回ご紹介したVBAのProtectメソッドのUserInterfaceOnlyオプションで設定したかによらず、 そのままだとエクセルツールメニューの「シートの保護解除」で簡単に解除されてしまいます。 シートを保護・保護を解除(Protect メソッド・Unprotect メソッド) Protect メソッドは、対象のワークシート(Worksheet オブジェクト)を保護し、Unprotect メソッドは、ワークシートが保護されている場合は保護を解除し、保護されていない場合は無視されます。 エクセルの「シートの保護」について解説。シートの保護を一部のセルだけ解除することで、入力フォームなどシートの活用範囲がぐっと広がります。シートの保護を設定・解除する手順もしっかりマスターできます。 EXCELを使用していると他人にワークシートを変更させたくない事があると思いますが、その時に使用するのが、ワークシートの保護です。EXCEL VBAでワークシートの保護を行うには、Protectメソッドを利用します。シートを保護する事で、セルの編集が出来ない状態にする事ができます。 ProtectメソッドのPaswordオプションを使った、パスワード付のシートの保護を設定する方法と、UnprotectメソッドのPasswordオプションでパスワード付のシートの保護を解除する方法もご紹介しています。これを使えば、パスワード付シートの保護を、VBAから設定・解除することができますよ。 今回はシートの保護、解除を設定する方法をご説明します。 シートの保護とは、入力されているデータや数式、シートを編集できないように設定します。 シートの保護、解除には「Protectメソッド」と「Unprotectメソッド」を使用します。

そのシートの保護を解除する場合にはパスワードが必要になります。 シートの保護を行うとセルの編集ができなくなります。ただしロックが解除されているセルの編集は可能です。 以下でシートの保護と解除の方法を紹介します。 シート保護の構文 シート保護状態でオートフィルタを使用できるようにする。 オートフィルタだけならマクロがなくても可能です。 Excel2007 以降ではマクロを使用しなくても、シート保護の際に「オートフィルタの使用」にチェックを付けるだけでオートフィルタが使用できるようになります。 シートを保護する時に設定したパスワードを入力します。今回は「pass」です。入力したら「OK」ボタンをクリックします。 シートの保護が解除されて、セルなどの編集が可能になります。 Excel VBA入門の他の記事を見てみる HOME > 即効テクニック > Excel VBA > シート ... (Excel 2000) Protectメソッドは対象シートを保護し、ユーザーの変更を禁止します。保護の解除はUnprotectメソッドを使用しますが、その際にはProtectメソッドで指定した パスワードを引数Passwordで指定する必要があります。 セルの保護 - Locked プロパティ セルを保護したい場合はLockedプロパティにTrueを設定します。 この設定はシートを保護したときに有効になります。 シートを保護していない場合、セルは保護されませんのでご注意ください。 シートを手動で保護する(Excel 2007) 保護されたワークシートを変更する場合は、パスワードを指定すると、保護されたワークシートでProtectメソッドを使用することができます。 If you want to make changes to a protected worksheet, it is possible to use the Protect method on a protected worksheet if the password is supplied. エクセルVBAでSheetsコレクションオブジェクトのProtectメソッドを利用して、Excelの指定したシートを保護する方法について解説しています。VBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイト。 ProtectメソッドのUserInterfaceOnlyオプションを使った、エクセルのシートの保護を設定する方法をご紹介しています。これを使えば、ユーザのシート内容の操作は制限しつつ、VBAはシート内の操作が可能なシートの保護が設定できますよ。 ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea) ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説 以下の手順になります。 セルのロック→シートの保護→ScrollAreaの設定 順に説明します。 シート保護時の「ロックされたセル範囲の選択」はデフォルトでチェックが付いていますが、これを外して OK をクリックします。 この状態で保存させたワークブックは次回開いても保護セルは選択できません。 これは互換形式 (*.xls) でも同様です。

エクセルのシートにチェックボックスと文字列( あいうえお)などが入ったものがあり、文字列は保護したいものの、チェックボックスそのものは保護対象外にしたいのですが、チェックボックスがあるセルを対象外に設定したつもりでもどう シートを保護・保護を解除(Protect メソッド・Unprotect メソッド) Protect メソッドは、対象のワークシート(Worksheet オブジェクト)を保護し、Unprotect メソッドは、ワークシートが保護されている場合は保護を解除し、保護されていない場合は無視されます。 ProtectContents で保護状態を返します。 戻り値はBoolean型で、保護されている場合はTrue、保護されてない場合はFalseを返します。 シートの操作 ワークシートを参照する ワークシート名を設定する ワークシートを追加する ワークシートを削除

VBAを使ってエクセルシートの保護をする方法とその解除方法です。 エクセル上だと[リボン]→[校閲]→[シートの保護]→・・・と同じ動作を再現します。 メソッドなど Worksheet.Protect サンプルコード(パスワード設定なし) Sub hogo() 'アクティブシートの保護 ActiveSheet.Protect End Sub 実行結果イ … シートの保護はProtectメソッドで行い、解除はUnProtectメソッドで行います。 なお、シートが保護されていない場合は、LockedプロパティをTrueに設定しても、セルのロックは有効になりません。 エクセルVBAでSheetsコレクションオブジェクトのProtectメソッドを利用して、Excelの指定したシートを保護する方法について解説しています。VBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイト。



GTA5 交通量 MOD, GU チェスターコート サイズ感, 部活 行きたくない マネージャー, 手伝っ て アプリ 共有, Ntt西日本 Onu 故障, AE パスに沿って 表示, PS4 買い替え 初期化, Switch 中古 どこで 買う, 寝袋 コンパクト 室内, クリスマス ランチ 佐賀, A6 ルーズリーフ バインダー, ハイエース 寒冷地仕様 デメリット, Qrコードリーダー Pc Usb, 朝 有酸素運動 室内, 離婚 やることリスト 男, 時間 10進法 変換, Php ファイルアップロード Csv, 派遣 長期 更新, 出勤簿 兼 賃金台帳 エクセル, ハーレー エボ ソフテイル, Fujifilm X-t3 レビュー, ビニール袋 手提げ マチ付き, 小学生 理科 問題集 おすすめ, スラムダンク ヤス なんJ, 創作 テーマ ランダム, インスタ フォント 日本語, スタッフサービス リクルートスタッフィング 情報共有, 犬 13歳 元気, ナフコ トイレ リフォーム, トランポリン 怪我 大人, インスタ シャープ 加工, 北海道 科学 大学 谷川, 東芝 乾燥機 時間, 上司 挨拶メール 返信,